« 明けました | トップページ | ZERO »

2010/02/02

空の青み

終ノ空Ⅱこと素晴らしき世界の体験版やってみた。あと、空繋がりでソラノヲトの雑感とか。

・まず体験版早々に出て驚いた。てっきり体験版が出るまで二年くらいかかると思っていた。
このペースだと順調にリリースされるのではないかと。
「素晴らしき日々が今年中に出なかったら、終の空で世界終了」とコメントしようと思っていたんだぜ… 危ない危ない…卓司くんになるところだったぜ…

・やってみた感じとしては、終ノ空のセルフパロディーっぽい。
水上行人を女人化してみた、という同人誌を読んでるような錯覚。
随所にパロディネタとメタ発言が散りばめられていて、暗い世界観の終ノ空とは対象的。
体験版みたいなノリで終わったらモエかん並みの肩透かしだと思うけど、これは釣りでどんでん返しがあると確信している。
なかったら、俺がスパイラルマタイ。
 その肝心なスパイラルマタイですが、今回の方が不気味さや不吉さは上がっているように思える。詳しくはプレイしてみるといいと思うけど、暗に飛び降りを仄めかす感じがなかなか。

・空繋がりでソラノヲトの雑感でも。
けいおんとストライクウィッチーズを足した感じであったり、軍隊版ARIAなど話題作を混ぜ合わした雑多な印象、と巷で評判ですが、自分は終末物として楽しんで見てます。
終末物と言っても北斗の拳的な力が支配する野蛮な闘争世界ではなく、人類が為す術なく衰退・滅亡していく静かな終末物という印象。
 話しの中でも世界大戦で朽ち果てたらしい旧時代の遺構が随所に出てくるし、説明から推測するにテクノロジーも人口も19世紀くらいに後退しているように思われる。もう人類に夢も希望も感じられない。
 一見ほのぼの日常系に見せかけて滅びや不安が背景として感じられて切なくて大変面白いです。そう考えると戦闘や緊張感のない軍隊の少女たちの日常というのはは、そんな日常の裏にちらつく不安や異質なものを表現しているようにも思える。

・多分、今後なにかしら鬱展開が待っていると思うけど、流血沙汰には流石にならんと思う。
個人的予想で、突然攻めてきた敵軍によって部隊が全滅し辛うじて生き残ったカナタさんがタケミカヅチの中で繰り返し幸せだった頃の世界の夢を見ているというオチに400ペリカ。いや、夢オチは終末物ではつきものですよ?

・なんか空という単語自体、死とか終わりとかあの世とかを連想してしまいがちです。多分病気。

・あと、「この世に意味なんてなかったんだよ!!」ってとある天使の二挺拳銃の人も言ってた。

|

« 明けました | トップページ | ZERO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85323/33215943

この記事へのトラックバック一覧です: 空の青み:

« 明けました | トップページ | ZERO »