« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011/05/27

星空のメモリア-Wish upon a shooting star- レビュー

-瞬く星に想いを寄せて-----それは星空に託されたおとぎばなし。

 プレイしようと思っていたけど、長期間積んでいた星空のメモリアをクリアー。久々に魂が洗われるような、そんな理想的な癒しゲーに出会えた。

・システム

 問題なく使いやすい。地味にロード画面のコンテニュー機能が便利。セーブファイルは基本的にルートごと整理して利用してるけど、一発で前回最新のセーブを辿れるのは楽だ。

・音楽

 作品全体に漂うファンタジックな雰囲気とマッチしており、耳に残る。特に夜のシーンの曲は名曲ぞろい。ボーカル曲も、橋本みゆき・霜月はるか・茶太と鉄壁の布陣。夜寝る前に聞くときっと優しい気持ちになれるよ!

・グラフィック

 一目で分かる特徴的な塗り。好みは分かれるかもしれない。ただ、音楽同様に世界観というか雰囲気にマッチしている為、プレイしている内にこの塗りでなきゃヤダ、と思うようになった。確かに、これが都会の殺伐とした話だったらこの塗りは違和感しかなかっただろうと思う。また、背景が綺麗で風光明媚。舞台のモデルは北海道の小樽。夏の北海道の爽やかさが伝わってくるようだ。北海道に永住したい。

・シナリオ構成

 攻略対象は7人。メア以外の5人を攻略すると、展望台の彼女ルート・メアルートが解放される。全コンプ25~30時間くらい?
 構成はかなり練られていて完成度が高い。各ヒロインで伏線として描かれていたテーマと要素が、事実上トゥルールートである展望台の彼女ルート・メアルートでしっかり回収されている。だからこそプレイを終えて振り返ってみると、とても綺麗に纏まっているように思える。
 ただ、人によっては中盤に展開が読めて中弛みを感じるかもしれない。しかし、基本的に日常会話のテンポがいいのでそこまで睡眠導入剤にはならない。雰囲気が好きになれる人なら、心地良く感じられると思う。

・総評  ◎82点

 高いレベルで安定していて、隙のないオールラウンダー、というのが本作の印象。確かに鬼気迫るような展開や絵はない。しかし、だからこそこの調和して美しい世界観を維持出来たのではないかと思う。絵・音楽・シナリオと連携してひとつの幻想的な世界を作ろうとした、その戦略勝ち。しっかり構成から丁寧にやっているからこそ光る作品だろう。名作や奇作みたいな突き抜けたものはないが、秀作・佳作として安心してプレイ出来るそんな作品である。
 ハマる人はハマるし、ハマらなくても買った分だけの価値はしっかりある、そんな安心設計。エロゲ初心者にもおすすめ出来るだろう。

 以下、雑感。
プレイしなくてもいい人やクリアした人、幼馴染の幼女の聖水直飲みしたい人のみ閲覧推奨。

続きを読む "星空のメモリア-Wish upon a shooting star- レビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/19

Bitchの為にカネは鳴る-佐倉杏子の系譜-

 先日発売されたまどか☆マギカのスピンアウト、おりこ☆マギカを読んで杏子の漢っぷりにお股が大洪水になってしまった。そこで、一見して悪辣・邪悪だが胸のうちに優しさと哀しみが同居するような彼女のキャラクターの元型を虚淵玄過去作に探ってみたいと思い立った。

 この記事でビッチ、ビッチ連呼するけれども、このビッチはむしろ褒め言葉であると解釈して欲しい。ビッチかわいいよビッチ。

以下、色々ネタバレ有り。

続きを読む "Bitchの為にカネは鳴る-佐倉杏子の系譜-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/10

White-blanche comme la lune- レビュー

-眩しかった日のこと、そんなおしっこの日のこと・・・

                                                         

 さて、ねこねこソフト復活後完全新作ということで私的に期待していたWhiteだけど、巷での評判通りいままでの作品の堅牢な作りに比べれば遥かに心許ない作りであったことは確かだと思われる。

・システム

 他メーカーの安定したシステムに比べればどうしても見劣りする。しかし、システム面はあくまでプレイする上での補助でしかないのでそこまで言う程のことでもないだろう。

・音楽

 流石エレメンツガーデンは良い仕事してると思う。ボーカル曲は5曲。どれも情緒溢れる良曲揃い。

・グラフィック

 色々、立ち絵や一枚絵などでおかしな部分が見受けられないこともない。また、コットンソフトからの応援部分が全体的に浮いていて違和感を覚える場面も。全体として安定はしていない、というのが正直な感想。

・シナリオ、構成

 攻略キャラは、ほたる・ブリジット・カナン・クレア・マリカ・ミサ(おまけルート)の6人。オールクリア15時間くらい。
 今回の最大の問題点はやはりシナリオと構成にあったと言っていい。構成は、まずほたる・ブリジットのそれぞれのシナリオをクリアした上で、カナン・クレア・マリカの一本道の本筋のシナリオに進んでいく形となっている。カナン~マリカシナリオはウナトミーと片岡ともさんが書いているので安定感があり読み応えがある。しかし、ほたる・ブリジットシナリオが外注ライターなのか本筋シナリオと巧く噛み合っていない。義妹騒動の元となったほたるシナリオに至っては本当に構成上必要なのか、と問いたくなるような出来であった。
 更に、ルートによっては予告無しに主人公が変わってしまう、というサプライズ。シナリオを進めていく上でかなり混乱を招いたことは否定出来ないと思われる。人によってはスカーレットを事前にプレイしていないとタブル主人公展開についていけないかもしれない。どのようにシナリオを進めていくかしっかり吟味した上で、発売前に複数主人公制なり視点変更なり広報するべきだった。
 結果として本筋のルートに至る前にやる気を削がれてしまったり、全編が終わった後でもシコリのようなものを感じずにはいられなかった。

・総評   △68点

 音楽や本筋ルートの良さにも関わらず、構成に問題があり巧く作品として纏まらなかった、というのが感想である。体験版の時点でかなり迷走していて不安に思っていたのだけど、悪い予感が的中してしまった。
 特に構成面では、スカーレットのように一本道の章立てにして、事前に広報をしておけばここまで不安定にはならなかったのではないだろうか。本筋シナリオに関しては『無垢』というテーマをねこねこらしいやり方で描き切っただけに、非常に勿体無い、としか言いようがない。

 以下、ネタばれおしっこ雑感
プレイするつもりの無い人やおしっこを直飲みしたい人のみ閲覧推奨

続きを読む "White-blanche comme la lune- レビュー"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »