« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/23

Whiteちょこっとファンディスク & サナララ レビュー

-それは誰にでも起こるかもしれない少し不思議な物語り…

 Whiteのファンディスクとして通販されたちょこっとファンディスクと2005年発売のサナララをクリアしたので、軽くレビュー。

                                                  

・Whiteちょこっとファンディスク

 こちらは通販限定発売の商品の上、更にファンディスクということもあってレビューしてもしょうがないような気がしないでもないけれども、一応記しておこう。

 内容は、マリカ・ブリジットアフター、ほたるルート、カナンサブストーリーと、おまけHが三本入っている。ファンディスクということなので、必ずしも本編をクリアした人がやる必要はないとは思うが、このちょこっとファンディスクに於いては本編では未消化の部分が多く語られており、本編に満足できなかった人はプレイを是非推奨したい。実際、マリカ・ブリジットアフターとほたるルートはWhite本編に入っていてもおかしくないもので、White本編+ファンディスクでこの話は綺麗に完結する。まさに二つ揃ってWhite完全版。何故最初からこれを入れなかったという感もある。しかし、Whiteで何かビビッと感じ取ったがいまいち楽しめなかった人はプレイすると胸のつっかえが取れるかもしれない。

総評 △65点(White本編と併せると○75点) 

                                                  

・サナララ

 サナララは、2005年発売で原画をうめ先生の生き別れの双子の姉である藤宮アプリが担当したことで話題を集めた作品である。うmじゃなくてアプリ先生の描くほんわかとしたキャラクターと心温まるストーリーを楽しめる良作である。

 攻略対象は4人、というより章立てのオムニバスとなっている。大体一人2時間辺りでオールコンプ8時間程度の短編集といった感じである。ミドルプライスでコストパフォーマンスが非常に高い。ちょっと5人も6人も十何時間かけて攻略する暇がない、手っ取り早くクリアしたいという人には非常にオススメである。また、章毎に担当ライターが違うのだけれど、作品全体から見るとしっかり足並みが揃っているので安心してプレイ出来る。ミドルプライスエロゲーの中では間違いなく傑作の部類だろう。

総評 ◎84点

以下、雑感。ネタばれ注意。クリア済みの人、プレイする気のない人、チュパカブラが好きな人のみ閲覧推奨。

続きを読む "Whiteちょこっとファンディスク & サナララ レビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/13

女戦士と中学生-CLAYMOREとまどか☆マギカ-

 話が似ている、とまどか☆マギカ放送中から各所で指摘されていた漫画CLAYMOREとの関連性を考えてみた。今の機会を逃すと、恐らく書かないと思うので。後、マミさんとおっぱいについても考えてみた。

以下、ネタばれ注意

続きを読む "女戦士と中学生-CLAYMOREとまどか☆マギカ-"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011/06/11

ロイヤルプロレスリング DOGDAYS vs アスタロッテ

 そろそろ6月も折り返しということで、今期アニメの雑感と私見。

・今期は話題の日常とあの花を毎回チェックしているくらいで、それ以外はそこまで注目していなかった。しかし、ツイッターでアスタロッテのおもちゃが面白いと薦められ観てみるとそこには素晴らしい世界が広がっていた…。ファンタジーの世界に、サキュバスの王女である幼女とぱんつ穿いてない実娘と一緒に暮らすというハートフルストーリー。何というか、原作からして好きなものを好きなだけやっているという印象で非常にのびのびとしているように感じられる。牧歌的なノーパンツ…。

・しかし、ただのハートフルストーリーとは思えない要素もある。それはアスタロッテのおもちゃが王家の後宮ものだからだ。なのでどう繕おうと王家の権力闘争という暗い部分が確実に存在する。一見すると明るく軽い筋書き・キャラクターデザインだが、描かれているものはやはり貴族間の姻戚問題なので、突き詰めて考えるとやはり重い。だからだろうか、主人公も異世界召喚ものでは珍しく23歳と既に成人している。愛人や実子・庶子の問題などは少年漫画的な愛と勇気だけでは解決しないだろう。そう、理想的な世界の裏に現実的で泥臭い世界を匂わせるこの感じが堪らない。
 とはいっても、話のノリはエロゲテイストなので、難しいことは抜きにしてやはりロリいキャラには心躍ってしまう。幼女の後宮(ハーレム)に仕えるだけで月給60万なんてホワイト過ぎて魂が浄化・消滅するレベル。むしろ毎月60万払うから雇って欲しい。お願いですから働かせてください。

・アスタロッテのおもちゃのことを考えると、直ちに今期のDOGDAYSが連想される。この二作品、同じ異世界召喚もののファンタジーでありながらコンセプトというか着眼点が正反対に感じられるからだ。アスタロッテのおもちゃは“召喚されたファンタジー世界で貴族間の姻戚問題に巻き込まれる話”、DOGDAYSは“召喚されたファンタジー世界で騎士間の戦に巻き込まれる話”だ。アスタロッテのおもちゃの世界の一般認識としては「姻戚関係によって子を産み家を繁栄させることこそが貴族の本分であり、華」で、DOGDAYSの世界は「戦争によって勝利と栄光を勝ち取ることこそが貴族(騎士)の本分であり、華」という感じだ。ファンタジー世界のモチーフとされることが多いヨーロッパ世界では貴族は同時に軍人でもある為、二作品を見比べるとその二重性が垣間見える。それが、同時期に放映されているというのも面白い偶然だと思う。まさに
「戦争はDOGDAYSに任せておけ、幸いなるアスタロッテよ、汝は結婚せよ。」

・対照的である一方、やはりアスタロッテもDOGDAYSも日常性を全面に押し出していて緊張感を感じさせない見せ方は共通しているように思う。前者は“権力闘争に見せかけた日常”であり、後者は“戦争に見せかけた日常”である。このどう見ても日常的とは思えない設定を日常っぽく見せる“茶番感”が面白い。こちらの記事を参照させて頂くと、ロッテもDOGDAYSもプロレス型だろう。まさに「ロイヤルプロレス」。リアルの世界史だったら明らかに血を観る場面でも、血は飛ばない。毒杯を仰いだりしない。それをファンタジー世界の可愛らしい亜人種達がやっているのだから、一種の不安感や狂気を憶えずにはいられない。

・こういう作風だからこそ、二次創作は面白いように思う。日常の繕っている部分をぶち破って、腸を抉り出すようにリアルを突きつけたり出来るから。しかし、周囲を見渡して見る限り二次創作が盛り上がっている様子があまり見られないのがちょっぴりしょんぼりである。ダーク路線に限らず、近親相姦、親子丼、百合などやりたい放題なのに…!夏コミでは精一杯、アスタロッテものとDOGDAYSものを探して来たいと思う。うん。

・おまけというか元ネタ。秀逸な世界史MAD。EU3やりたくなってきた…


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/06/03

内家功夫は電気実妹の夢を見るか?-鬼哭街再考-

 鬼哭街のリニューアル版の発売を記念して、実妹に対する思いの丈を文章に落としてみた。

以下、鬼哭街ネタバレあり(微妙に腐り姫もあり)
プレイする気の無い人や、プレイ済の人、私と血縁エンドを迎えたい人のみ閲覧推奨。

続きを読む "内家功夫は電気実妹の夢を見るか?-鬼哭街再考-"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »