« 2012年1月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/02/06

素晴らしき日々~不連続存在~ レビュー

-幸福に生きよ!をめぐる物語。 

 

 2012年に入ったということで、昨年末にクリアした素晴らしき日々のレビュー。発売が2010年3月なのでプレイするまで放置し過ぎだろうとも思えるが、2012年の年明け直前にクリア出来たことはある意味幸運だったのかもしれない。

 シナリオは6部構成。オールクリア30~40時間くらい?章によって雰囲気やシナリオ運びが大きく異なるのが非常に特徴的。しかし、物語は旋律でそれぞれが響き合って共鳴する、と公式ページにも書かれているように終わってから見ると纏まって見える不思議。一方で各シナリオの相性で、途中でやきもきすることも人によってはあるだろう。ある意味、この構成が素晴らしき日々の肝だと個人的には感じた。

 キャラはリメイク元の終ノ空よりも格段に可愛くなっている。実際、終ノ空(あと二重影)は、キャラはシナリオのおまけでしょ、というような印象があり、愛着がいまいち沸かなかったのであるが、素晴らしき日々はこの辺りの欠点を克服している。キャラの魅力がシナリオを牽引していると思えるくらいだ。特に三章のざくろシナリオなどは終ノ空と比べると一目瞭然で、キャラによってより不穏さ・不気味さ・悲痛さを引き立てるのに成功している。一部、シナリオの都合により空気化する娘達もいるが、百合もあり欝もあり、バラエティ豊かで良かったのではないかと。希実香ちゃんかわいい。羽咲ちゃんかわかわ。

 総合的に見ると、作り手の掌の上で存分に踊らされたというか、振り回されて少々疲れた部分もあったが、通しでとても面白くプレイ出来たように思う。

以下、ネタばれ雑感。プレイ済の人、ネタばれ気にしない人、非暴力ロボガンジーのみ閲覧推奨。終ノ空に寄りかかりまくっているのでこちらのネタばれも注意。

続きを読む "素晴らしき日々~不連続存在~ レビュー"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年7月 »