« 2012年7月 | トップページ | 2013年4月 »

2012/09/26

終わる世界とバースデイ レビュー

 -あの日。本当に世界が終わるなんて、誰も信じちゃいなかった。

 

 2012年7月末にコットンソフトから発売された『終わる世界とバースデイ』をコンプ。実は作品が発表された時から仄かな期待を寄せていた『終バス』であったが、結局終えたのは作中で世界の終わる9月末になってしまった。記念という意味も込めて、雑感をここに記す。

 『終わる世界とバースデイ』は新・終末系恋愛ADVゲームである。事前段階で予想された通り超展開が多かった。自明のことだが、超展開は諸刃の剣であり、基底部分をちゃぶ台返しする必要があることから、上手くいけば驚愕させられるが、失敗すると白けることになる。そのスリルと緊張を味わいたい性もあって、手を出さずにはいられなかった本作であるが、結果から言うと展開は玉石混交であったように思えた。

 目についた点は個別ルートでの終わり方や展開で、これが迫真に迫るものではなく、B級映画的な微妙な白けを残してしまっていたように思われる。ある意味、ここで反対側に突っ切ってもらえれば、それはそれで面白かったのだが。一方で、個別ルートから本道に入る展開には、心が惹かれるものがあった。それ以前に少々プレイすることが億劫になっていたので、その分救われた感はある。ただ、やはり世界観に馴染めない場合は個別ルートでドロップアウト、というのも十分考えられる。だが、ムラの部分を帳消しには出来ないかもしれないが、全体としての印象は悪くないように思う。

 陵辱要素に関して懸念する人もいるかもしれないが、陵辱は基本なし、陵辱らしきものは一回のみ。完全回避可能。しかし、逆に考えると、終末という題材を取り入れながら、人間の醜悪さの発露である陵辱が不十分なのは不自然であるとも言える。ただ残虐であれ汚くあれ、とまでは言わないが、折角18禁で作るのなら表現に幅があっても良かろうに、と思えた。

 それと、ローカルSNSのシステムは、実験的でありながらも、斬新で興味深いものだった。主人公の見えない所でヒロインが何しているか呟いたり、毎日日記を付けたりするので、純粋に何をやってるんだろうという好奇心から面白い。それと、地の文でメールが届いたことが知らされると、実際SNSにもメールが届いて閲覧出来るので、主人公の行動に同期することが出来て新鮮な感覚だった。惜しむらくは、SNSがおまけの領域を出ず、積極的に本編に絡んで来なかったことだろう。しかし、次回作以降でもお目に掛かりたいような、先のあるシステムであるように感じた。

 そんなこんなで総プレイ時間20~25時間?、暮れゆく2012年終末の年に思いを馳せながらプレイするとよろしいかと。9月末にプレイしたなら尚よろし。

以下、ネタバレ雑感。プレイ済の人、プレイする気のない人、腋コキされたい人のみ閲覧推奨。

続きを読む "終わる世界とバースデイ レビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2013年4月 »