« 恋踏~コイブミ~ レビュー | トップページ | りとる†びっち ~Little Bitch Girls in Hog Farm~ レビュー »

2013/04/20

少女連鎖2 レビュー

 -少女に支配された青年の倒錯。少女に堕とされる少年の快楽。

 

 2007年2月にZEROから発売された『少女連鎖2』をクリア。以下に雑感を記す。

 『少女連鎖2』は、前作同様ロープライスお手軽マゾゲーとして発売された作品である。そのコストパフォーマンスは非常に高く、そこのところは前作同様安心できる。先日クリアした『恋踏』もそうだが、短いながら1シーン1シーンが濃く隷属状態へと自然に墜ちてゆける。クリアまで5~6時間、どっぷり恍惚に浸りながらもダレない計算された設計である。

 良作なのだが、ただ前作と比べてしまうとどうしても評価を落としてしまう所もある。大きく分けて二点ある。ひとつは新しく館に招かれた晴樹の扱いである。作中、どんどん晴樹はまゆら様に教育されていくが、その教育シーンが由梨江、恵美、彰宏の三人のシーンと途中で分離してしまっていて、その為に新人と熟練者の絡みといういかにも美味しそうなシチュエーションがなくなってしまっている。なんと勿体ないことか。前作ではまゆら様との一対一の関係だけではなく、由梨江、恵美との肉のまぐわいがしっかり描かれていて、まゆら様を頂点としたまさに性三角形というべきものが顕現していたのに… とても残念である。

 もう一点。こちらは個人的にはより深刻なものである。それはまゆら様の絶対者としての位置だ。今作では、まゆら様が人外・あるいは何か超常の存在であることを匂わせる描写がたくさんある。それがどうした、なんの問題が?と言われればそれまでだが個人的には大問題だった。前作でまゆら様が何者か、と問うシーンがあったがその正体はついぞ明かされないままだった。女王としての天賦の才を持った○学生なのか、富豪の娘なのか、吸血鬼なのか、あるいは女神の化身なのか… 全く秘密のベールに包まれていた。けれども、今作では、その超常的な力から少なくとも人間ではないことが明らかになってしまった。何者か分からないからこそ絶対性や神秘性が高められるのに、超常的な力を持った人外だと分かってしまったら正体を見たような気分になり興ざめしてしまう。ある意味、人外ということが分かって権威が増したのかもしれないが、それはそれだけキャラクター性が固定されたということでもある。やはりまゆら様の秘密のベールが僅かではあるがめくられてしまったことが残念であった。

 また、まゆら様は今回認識の改変や集団催眠、千里眼、超媚薬の唾液をケツから噴出させるなど様々な超常現象、奇跡を起こしてみせる。これもあまりいらなかった。こういったイリュージョンは笑えるので嫌いではないけれど、でもやっぱり自分にとっては何者にもよらない絶対的な帰依こそ恍惚の源泉であり、そのような過剰なイリュージョンは蛇足であった。そして、背景とか状況設定に左右されないピュアな関係がいいよね、とか思った。相手が何者であるかは分からない、だけどそれでも愛を注ぐ、代わりに自分がどんな者であっても、無条件に愛が注がれる。そんな盲目的な循環の中にこそ至高のものは宿る。ただ、愛と欲望のままに。

 ただ、人外であろうとも、奇跡を執り行おうとも、まゆら様が至高なのには変わりがない。むしろ、これは崇拝に揺らぎがないかどうかを試すための試練なのではなかろうか。そう、まゆら様はまゆら様であって依然して絶対者として君臨しておられ…フガッフガ(顔面騎乗されながら)

 

 なんだか長々語ってしまったが、それだけ『少女連鎖2』は印象深い作品だったということだ。未プレイの人は出来れば前作から通しでやってみて欲しい。まゆら様は永遠の君主、そんな一本であった。

|

« 恋踏~コイブミ~ レビュー | トップページ | りとる†びっち ~Little Bitch Girls in Hog Farm~ レビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/85323/51312128

この記事へのトラックバック一覧です: 少女連鎖2 レビュー:

« 恋踏~コイブミ~ レビュー | トップページ | りとる†びっち ~Little Bitch Girls in Hog Farm~ レビュー »