« 2015年9月 | トップページ

2018/07/12

Summer Pockets  レビュー

 -眩しさだけは、忘れなかった。


 2018年6月末、少しずつ暑くなってきて夏の始まりを感じさせるそんな季節に発売された『Summer Pockets』をプレイ。フルプライスのゲームをプレイするのもこうやって感想を書くのも物凄くご無沙汰で己の不徳と無精を恥じ入るばかりだけれど、やはり感想は記しておきたいと思う。

 思うに『Summer Pockets』、制作発表した時からかなり身構えた記憶があり、その部分を含めてプレイ後振り返ってみると感慨深いので前置きとして書いておきたい。『Summer Pockets』は、『Rewrite』、さらにアニメからのゲーム化である『Angel Beats!』から初めての完全新作のフルプライスゲームであった。加えて元SAGAPLANETS所属の新島夕氏をメインに据えて新しい風を吹き込まんとするこのニュータイトル、心が躍らぬはずはない。だが一方で不安感もかなりあったように思う。主に二点。

 まず、キービジュアルからして過去作の『AIR』を想起してしまう点。「夏の日差し」、「田舎町の海辺」、「独りで海を見つめる少女」・・・否応なく頭の中で「夏影」のイントロが流れ出してしまう。無論事前のインタビューで『AIR』とは異なる方向性で作られていると聞いていたものの、過去に与えられた印象は拭い去りがたい。もはや刺激を受けただけで唾液ならず涙を流してしまうようなパブロフの犬なのではないか、と思うくらいに根強い。それはあまりにも愚かである。このままだと『AIR』を物差しにして見てしまうのではないか、また期待が大きすぎて直視できないのではないか、という不安。

 また、一方で制作体制の不安点。直近だと『Rewrite』はこれまでのKeyゲームと違う体制で作られた作品で、Keyゲーのテイストを散りばめつつ長大な物語を紡いだ意欲作であった。ただ、その反面作品全体の地盤がゆるく感じられ、ライターの個性ぶつかり合いとかルート間の調整とかかなり不安定な印象が残ってしまった。今回の『Summer Pockets』も、企画の方向性としては『Rewrite』を思い起こさせるもので、また何か新しい見方を与えてくれるのではという期待の一方、また同じような弱みを晒してしまうのではないかと不安に思った。

 しかし、全ては杞憂であった。こんなじめじめした不安や、不必要な身構えを軽々ぶっ飛ばしてくれた作品はあまり例をみない。そう思わずにはいられない。以下に雑感を記す。

 ここから先はネタばれ全開なので注意。あと長文注意。クリア済、コンプした人のみ閲覧推奨。もしくは四天王スクワット使い、声優の田中あいみさんに幼女ボイスで「ちゃーはぁん!」と言って欲しい人も可。

続きを読む "Summer Pockets  レビュー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ