2010/02/14

ZERO

チョコ?なんのこと?

・バレンタインは、画面の向こうの出来事。今日も平和だなあ。
クソして寝よう。

・ラブプラスを持っているお兄さん達は、絶好のイベントですね。
昔、ノーパソのディスプレイにエロゲキャラ映して一緒に食事を楽しんだりふ たりっきりの時間を過ごしたり、そんな企画もやったような気がするけど、ラブプラスの登場ですっかり思い出の中の独特の異彩を失ったような。もうなんか結 構普通の楽しみ方ですよね、二次元との掛け合い。

・そういや、筋トレグッズの「いっしょにとれーにんぐ」の続編が出るそうで。睡眠導入の目的ですりーぴんぐするらしいですよ。
筋トレにして も、寝るにしても気が散ってしまうような、色んな意味で。

・筋トレは暗くて誰もいない部屋で。
外に出す欲望を禁欲で内に込めていく感じ。
ある意味、対極のセルフプレイ。
ぬうっ
そ んなことばかりしていたから、俺の青春は散っていったのだ。

・まあ、今日も平和だなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/29

明けました

明けました。本年も宜しくお願いします。

・2010年です。1月も早いものでもう終わりです。
一日一日精進してゆきたいと思ふ。
サークルから就活からぱんつじゃないから恥 ずかしくないものの鑑賞から色々がんばろう。

・ラヴプラスは封印の方向で。
今プレイするとフォースの暗黒面に囚われるような気がしてならん。

・最近のアニメだとヴァンパイアバンド面白いですね。
ロリババァが好物な紳士達が近辺に比較的おりますが、これは中々… ふぅ
あ と、人狼の漢達には熱くて濡れるね ふぅ

そんなわけで今年もがんばろう ふぅ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/25

近況報告

 近況とは言っても、なんだかんだで二年経過してしまったけれど、とりあえず生存報告。

続きを読む "近況報告"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/03

3バトンー

バトンがDGより届いているようなので、早速不肖も。

■ときめく○○な人3人
1 先輩
2 後輩
3 同級生

三段活用だと脊髄反射でつい。

■嫌いな○○3つ
1 節度を欠いた酒座
2 粉チャーハン
3 メガマック

最低限の人としての良識は必要ですよ。肉と飯は嫌いというよりもトラウマに近し。

■お金をかけられるもの3つ
1 飲み会
2 積むゲエム
3 買ってから後悔するDVD

そこまで金を投入してるものはないかな、最近は。飲み会は金はかかるけど、時々あると楽しい。

■好きなもの3つ
1 「疾風剣」 
2 「猿飛」
3 太刀で受ける

このような時は、疾風剣が妥当な所です。「ぶっ殺す」でも可。

■今欲しい物3つ
1 胆力
2 剛力
3 膂力

死亡フラグが立ちそうですか。そうですか。

■バトンを受け取ってくれそうな人5人
ここが終着点さね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/02

大志を抱け

寒いのなら、体を動かせ  それでも寒いなら、酒でも飲め

こんなフレーズが連想されそうな不肖の今年の厳冬期。言ってみれば、北方のクマーみたいなイメージで。今年は暖冬だけれども。

しかし、まあ街を歩いてみると皆それなりに寒そうです。装備も重厚です。中には高そうな毛皮のコートの人もいます。基本的に保温力の高そうな黒や灰色が多いです。皆北風と戦っているようです。

そんなくすんだ冬の街角にも、物凄く自己主張の強いものがいるようで。グレースケールを切り取って、現れる一片の素敵空間。俗に言う肌色領域。

続きを読む "大志を抱け"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/08/01

軋れ筋骨

「乳酸菌、足りてるゥ?」

嗚呼、なんとありがたきお言葉・・・・・・・! 床に滴り落ちる熱き雫・・・・・・・・・・・・ 焼付く筋肉の疼きは生の証明。そして、乳酸菌。それが尽きぬ限り、戦いへの飽食欲は絶えることなし。足らん。

筋肉疲労には、やっぱり乳酸菌だよね!後、マイナスイオンの息吹も有効だ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょww ぐふ

躯は気の持ちようから、ということで一つ。もしくは乳酸菌をエネルギー変換できる新手の武装錬金ということでも可。んまあ、まだゆけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/07/30

一夜の夢の痕

そろそろ、七月も終わり。あっという間であった。前回の更新が六月初めであったから、約二ヶ月ぶりの更新ということに・・・・・・・・・・・・何をやっていたのか、いなかったのか
有意義に日々を過ごすとは難しいものよorz

何かやろう、何かに目を向けようと思わないと結局は何もできずじまいに終わるということは数年前から今日まで身に染みて痛感している筈であったのに。使える時間は多分にあったと思われる。得られたものは、あまりない。

この数ヶ月という時間の中で、収穫や発見といったものは、サークルの飲み会の後二日酔いや悪酔をしそうな時の対処法くらいである。深夜テレビをつけてスピーカーから垂れ流される「お兄ちゃん」「先輩」「めがっさにょro(ry)」等等、音声記号を脳に流し込むことで、代謝促進、酔いを別の麻薬で陶酔状態に融和させ、終始目をギラギラさせて爽快に過ごせる、とか。或る程度、理性を保っている状態ならば、目に映るもの、耳に入るものが不条理でヒャハーであればあるほど、この効力は大きい。無論行き過ぎれば廃人と化すが。

しかし、こんなものは一時の慰めに過ぎぬ。昼を過ぎれば、この身には何も残らない。すぐに心地よい酔いは醒めてしまう。
終電の馬車で深夜の舞踏会に足を踏み入れたシンデレラは、昼十二時のメロドラマで解呪される。自己嫌悪という痕を残して。虚しい。
果たして、それは理想郷であったのか、悪夢であったか。それは脳内麻薬であるか、脳外麻薬の余韻であるか。いずれにしても残るものは残滓のみ。この身の不肖を呪う他なし。
妹、後輩、中学生。土の中の我が娘たち(シンデレラ)よ・・・・ッ

やはり、何かを為さなければならぬ。それで何を得られるかは別として、とにかく為さねばならぬ。涙に濡れる夜あれど、やはり太陽の下で生きねばならぬ。それが、お兄さんができるせめてもの餞だ・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)